【徹底比較】ベースブレッドとカロリーメイト!朝食に最高なのは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
basebread

朝食は一日の始まり。

栄養バランスのいい食事がとりたいですよね。

しかし、僕は朝に時間の余裕がないので朝食に手間をかけたくありません。

  • 朝はギリギリまで寝ていたい。
  • 頭が冴えているから朝活に時間を使いたい。
  • 朝食のために会社を遅刻するなんてもってのほか。

きっと、あなたも朝食を効率的に済ましたいと思っているんじゃないでしょうか。

breakfast

僕たちが学生だった20年前、栄養が取れる食べ物の代名詞といえばカロリーメイト。

しかし、令和の時代には新しい栄養食があります。

それがベースブレッド。

ベースブレッドは「完全栄養食」と言われるほど栄養価が高く、味付きのパンなのでわざわざ朝食を作る必要もありません。

しかも、カロリーメイトよりも腹持ちが良いので朝食にうってつけです。

この記事では、新旧の栄養食、ベースブレッドとカロリーメイトの違いについて比較しながら、どちらが朝食に向いているのかを考察しました。

kaz部長

僕はベースブレッド一択でした。

今なら初回限定20%OFFでコンビニよりも安く買えるのでオススメです。

手軽だけど健康も気になっている方はぜひご覧ください。

\ 初回限定20%OFF! /

目次

ベースブレッドをオススメする4つの理由

basebread1

ちゃんとした食事がしたい

appearance1
  • ベースブレッド
     見た目も食べた感じもほぼパン。
  • カロリーメイト
     固形のブロックなのでお菓子のようなもの。

栄養さえ補給できればいいのではなくて、ちゃんと食事がしたい。

ベースブレッドの方が、食事としての満足感があります。

手軽に食べられる

袋をあけるだけ

そのまま食べても十分おいしいです。

「パンを食べる時は、飲み物がないと食べづらい」といった方はこちらもご一緒に。↓

レンジで温めるとふんわりする

microwave

お皿に乗せてレンジでチンするだけなので、たいした手間ではありません。

10~20秒ほど温めれば、少しふんわりとして食べやすくなります。

ベースブレッドの袋に脱酸素剤が一緒に入っています。

脱酸素剤も一緒にチンしないように気を付けましょう。

焼いたり、トッピングしたりもできる

休日など時間に余裕があるときには、アレンジをくわえて普段とは少し違った朝食も楽しめます。

arrange1

普通のパンと同じようにトースターで焼いたり、食材をトッピングしたりもできます。

アレンジ例

公式HPでも紹介されているベースブレッドにおすすめの食材を一部紹介します。

  • はちみつ
  • 生ハム
  • スライスチーズ

ベースブレッドにのせたり、はさんだりすると普段と少し違うベースブレッドが楽しめます。

個別包装されている

ベースブレッドは個別包装されているので、持ち運びもカンタンにできます。

移動中に朝食を取りたい時にも便利です。

定期的に届く

継続コースで注文すると定期的に届くので、買いに行く手間がはぶけます。

注文内容の変更もカンタンにできます。

→ 注文内容の変更もカンタン

忙しくて注文する暇がなくても、1度定期注文の設定をすると自動で配達してくれます。

豊富な栄養素が取れる

ベースブレッドのほうがカロリーメイトより豊富な栄養素がとれます。

1袋あたりのカロリーは同じくらいですが、身体をつくる重要な栄養素の「たんぱく質」がカロリーメイトの約3倍も取れるのはありがたい。

たんぱく質は皮膚や髪の毛、筋肉を作るだけではなく、ホルモンや免疫物質といった身体を調整する物質の材料にもなります。

ベースブレッド
(1袋)
カロリーメイト
(1袋:2本)
熱量264kcal200kcal
たんぱく質13.5g4.35g

栄養素の一覧表はこちら

ベースブレッドとカロリーメイト

vegetable

完全栄養食とバランス栄養食とはどのようなものなのでしょうか。

厚生労働省のHPで検索してみましたが、見つかりませんでした。

どうやら国が定めたはっきりとした基準はなさそうです。

完全栄養食とバランス栄養食の説明は各メーカーのHPを参考にさせてもらいながら、カロリーメイトとベースブレッドを紹介します。

完全栄養食とバランス栄養食

ベースブレッド

1食に必要な栄養素がすべて必要以上ふくまれている完全栄養食

※1食(2袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸・炭水化物・ナトリウムを除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

カロリーメイト

身体に必要な5大栄養素を手軽にとれるバランス栄養食

※5大栄養素

  • たんぱく質
  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル

味の紹介と栄養素の比較

ベースブレッドとカロリーメイト、それぞれの種類は次のとおりです。

ベースブレッド
  • ミニ食パン プレーン
  • ミニ食パン レーズン
  • プレーン
  • リッチ
  • チョコレート
  • メープル
  • シナモン
  • カレー
カロリーメイト
  • チーズ味
  • フルーツ味
  • チョコレート味
  • メープル味
  • バニラ味

ベースブレッドとカロリーメイト両方にある、チョコレートの風味で栄養素を比べます。

栄養素の比較なので、あまり聞き慣れない名前や数字の一覧表になります。

興味のない方は読みとばして下さい。

栄養素一覧表

ベースブレッドには体をつくる重要な栄養素「たんぱく質」が1袋に13.5gも含まれています。

ベースブレッド
(1袋)
カロリーメイト
(1袋:2本)
熱量264kcal200kcal
たんぱく質13.5g4.35g
脂質9.3g11.2g
  n-3系脂肪酸0.5g
  n-6系脂肪酸2.3g
炭水化物33.3g20.85g
  糖質29.1g19.85g
  食物繊維1.2g1g
食塩相当量0.3g0.405g
カリウム535mg84.5mg
カルシウム124mg100mg
2.5mg1.25mg
マグネシウム76mg25mg
リン196mg45mg
ナイアシン8.7mg3.25mg
パントテン酸1.5mg1.2mg
ビタミンA153μg192.5μg
ビタミンB10.4mg0.3mg
ビタミンB20.3mg0.35mg
ビタミンB60.4mg0.325mg
ビタミンB120.5μg0.6μg
ビタミンC26mg25mg
ビタミンD1.3μg1.4μg
ビタミンE3.2mg1.6mg
葉酸93μg60μg
ビタミンK27.1μg
亜鉛1.7mg
クロム14.4μg
セレン9.3μg
0.3mg
マンガン1.7mg
モリブデン38.1μg
ヨウ素39.0μg
ビオチン14.8μg

カロリーメイトのいいところ

caloriemate1

賞味期限が長い

カロリーメイトは賞味期限が長いです。

小腹が減った時のために、自宅にストックしておくこともできます。

カロリーメイト

公式HPには、賞味期限についての記載はありませんでした。
(2022年8月現在)

caloriemate-deadline

今回買った分でみれば、2022年8月に買って賞味期限は2023年3月~6月と表記されていました。

賞味期限は7か月~10カ月です。

販売店舗の在庫状況にもよるので一概には言えませんが、買ってから数カ月はストックしておけそうです。

ベースブレッド

公式HPには、ご注文日から約1カ月前後と記載されていました。

basebread-deadline

今回注文した分は、8月6日に届いて賞味期限は9月8日~9月17日でした。

公式HPに記載してあるとおり、約1カ月前後でした。

カロリーメイトと比べるとずいぶん短いですが、パンと比べると十分長いです。

どこでも買える

店舗で買う場合はカロリーメイトのほうが買いやすいです。

カロリーメイト

コンビニ、ドラッグストアなどでは、ほとんどの店に置いてあるのを見かけます。

欲しくなったら、いつでもどこでも買えそうです。

ベースブレッド

一部のコンビニやドラッグストアでは販売されていますが、それほど見かけません。

確実に買うなら、公式オンラインショップからの通販がよさそうです。

\ 初回限定20%OFF! /

ベースブレッドはどこで買えばいい?

公式オンラインショップから買うのが一番お得です。

ベースブレッドのチョコレート味を16袋買う場合で比べてみましょう。

  • 楽天市場

     → 4,810円(送料無料)
  • Amazon

     → 4,810円(送料無料)
  • 公式オンラインショップ

    1回のみ購入
     → 4,180円(送料\500込み)

    継続コース初回(20%OFF)
     → 3,444円(送料\500込み)

    継続コース2回目以降(10%OFF)
     → 3,812円(送料\500込み)

「1回のみの購入」でも「継続コース」を申し込んでも、公式オンラインショップから買うのが一番安く買えます。

公式オンラインショップで買う場合は、合計金額2,400円以上から購入できます。

ベースブレッドはどのコースを選べばいい?

base bread start set

公式オンラインショップで買うなら、「継続コース」がおすすめです。

安く買える

「1回のみの購入」より「継続コース」のほうが安く買えます。

継続コースは
 初回    → 20%OFF
 2回目以降 → 10%OFF

チョコレート味を16袋買う場合の値段はつぎの表のとおりです。

スクロールできます
16袋購入の合計1袋当たり1回のみ購入との差額
1回のみの購入3,680円 + 送料500円 = 4,180円261円
継続コース
初回
(20%OFF)
2,944円 + 送料500円 = 3,444円215円-736円
継続コース
2回目以降
(10%OFF)
3,312円 + 送料500円 = 3,812円238円-368円
(参考)
コンビニで購入
268円×16個=4,288円268円+108円

継続コースの初回特典としてベースクッキー(ココナッツ)が1袋ついてきます。

毎回注文する手間がない

継続コースにすると4週間ごとに届くので、毎回注文しなくても大丈夫です。

注文内容(個数、お届け日)の変更もカンタンにできます。

注文内容の変更は、次回お届け予定日の5日前まで可能です。

注文内容の変更もカンタン

公式HPのマイページから簡単に変更できます。

継続コースを申し込むとマイページが作成されます。

マイページでできること

  • お届け日の変更
    (次回のお届けをスキップすることもできます。)
  • 注文内容の変更
    (ベースブレッドの種類や個数を変更できます。)

マイルプログラムがある

継続コースにはベースブレッドの購入などによって、マイルがたまるマイルプログラム制度があります。

たまったマイルによって、ランクアップし各ランクによって、さまざまな特典が受けられます。

ランクアップ時

デジタルカタログギフトからプレゼントが選べます

ランクごとの特典
  • アウトレット商品の購入
    年に2~3回程度、期間限定で販売されるアウトレット商品を購入することができます。
  • 新商品の先行発売
    新商品をいち早く購入することができます。
  • 限定イベントへの招待
    新商品企画やトークイベントなどに、無料または特別価格で招待してもらえます。

まずはスタートセットが便利

まず最初は継続コースのスタートセットを買うのがおすすめです。

自分で何味を何個買おうか決めるのも手間なので、最初はセット商品を買っておくのが便利です。

スタートセット「パン14袋セット」の内容は

  • パン14袋セット
    ベースブレッド
     チョコレート     4袋
     メープル       2袋
     シナモン       2袋
     ミニ食パン・レーズン 2袋
     リッチ        2袋
     カレー        2袋

※スタートセットには「パンセット」以外に、「パン8袋&クッキー10袋セット」と「パン10袋&パスタ4袋セット」と「冷凍パスタ6袋セット」もあります。

  • パン8袋&クッキー10袋セット
     ベースブレッド
      リッチ    2袋
      チョコレート 2袋
      メープル   2袋
      カレー    2袋
     ベースクッキー
      ココア    2袋
      アールグレイ 2袋
      抹茶     2袋
      ココナッツ  2袋
      さつまいも  2袋
  • パン10袋&パスタ4袋セット
     ベースブレッド
      チョコレート     2袋
      メープル       2袋
      ミニ食パン・レーズン 2袋
      リッチ        2袋
      カレー        2袋
     ベースパスタ
      フェットチーネ    2袋
      アジアン       2袋
  • 冷凍パスタ6袋セット
     冷凍パスタ
      ボロネーゼ      2袋
      たらこ        2袋
      きのこクリーム    2袋

まずは
このスタートセットで試してみて、内容を変更したいと思えば次回の発送までに変更する
のが便利な方法です。

もちろん「ベースブレッドが自分には合わないな」と思えば解約もできます。
解約方法はこちら

僕はベースブレッドが気に入ったので、次回の発送分は種類と個数を増やしました。
(「ミニ食パン」を2袋減らして、スタートセットには無かった「プレーン」と「カレー」を2袋ずつ増やしました。)

ヤマト運輸LINEの登録でさらに便利に

ベースブレッドはヤマト運輸で配送されます。

ヤマト運輸LINE公式アカウントと友だちになるとさらに便利になります。

公式アカウントと友だちになるだけで使える機能

  • 配達状況の確認

「クロネコID連携」をすると使える機能

  • 受け取り日時、場所の変更
  • 通知機能
  • 再配達依頼

スマホで受け取り日時の変更ができるのはすごく便利なので、クロネコID連携まですることをおすすめします。

解約方法

ベースブレッドは継続コースの解約もカンタンです。

マイページで「継続コース注文内容」の数量をすべて「0」にして保存するだけで、継続コースを解約できます。

解約条件がなく、いつでも継続コースを解約できるので、初回20%OFFを試してみてはいかがでしょうか。

注文内容の変更、解約は配送予定日の5日前まで手続き可能です。

ベースブレッド申込時の疑問

スタートセットの値段には配送料が含まれていることがわかりずらかったです。

「個別注文よりスタートセットのほうが割高なのでは?」と勘違いしていました。

注文画面での表示価格(初回購入時:20%OFF)

  • スタートセット(パンセット)
     表示価格:3,172円
     ↑配送料がふくまれた値段。
  • 個別注文(ミニ食パン・チョコレート・メープル・シナモン:各4袋)
     表示価格:2,672円
     ↑この後の購入画面で配送料の500円がプラスされます。

スタートセットで買っても個別注文で買っても値段は変わらないので安心してください。

ベースブレッドをお試しあれ

basebread2

朝食って面倒。カロリーメイトだと栄養価が取れている気がしない。

実際、カロリーメイトは1袋

たんぱく質4.35g
カロリー200kcal
脂質11.2g
総重量40g

しかし、ベースブレッドなら1袋

たんぱく質13.5g
カロリー255kcal
脂質7.8g
総重量88g

しっかり食べられるのに栄養価も高い!

現在の朝食に不満を感じているなら、今すぐベースブレッドにしないと身体自身が損を感じ始めます。

「それくらいの栄養価が欲しいならもう1品食べればいいじゃん」

って思うかもしれませんが、それだけお金も必要になるしカロリーや脂質もとってしまいます。

食事をベースブレッドに置き換えるだけだと、カロリーと出費の両方を抑えることが出来ます。

しかも1カ月分まとめて注文でき、買い物に行かなくても自然と毎日続けられる。

初回20%OFFなので、ぜひお試しあれ。

\ 初回限定20%OFF! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次